帰京

先々週末と先週末に東京に帰った。

4ヶ月間、社会が恋しくて仕方がなかった。同じ国なのに、行く場行く場には知らない社会が広がっている。家族や友人や恋人や仕事や嗜好のない、私以外の人のための社会。小さな町から大きな街まで。旅のあいだはもちろん刺激的であったし、感動もひとしお、私は横浜・東京にある自分の社会に恋い焦がれ続けていた。

東京に帰って、土日をふんだんに使って、自分の社会を吸い込んだ。会いたい人にめいっぱい会って来た。スクランブル交差点を渡った。ハチ公前で待ち合わせし た。西口の五番街交番前で待ち合わせした。相模鉄道に乗った。山手線に乗った。満員電車で目の前の人が偶然に席を立った。おしゃれなカフェでカフェランチした。ビールをたらふく飲んだ。終電を気にした。乗り換え案内のアプリを開いた。大学へ行って、友だちと偶然遭遇して、わーきゃーした。会社に行った。日比谷線を入谷駅で降りた。シーシャを吸った。牡蠣を食べた。ピザを食べた。パスモを使った。チェックインした。友だちが会いに来てくれた。お祭り騒ぎの選挙活動を横目にした。

東京も横浜もしぬほど愛している。スピードが違う、人の量が違う、渋谷か新宿か飯田橋にいれば誰か友だちが見つかることも多い。時間が空いたら人に会ったり気になってたお店さくっと行けたりする。わたしの社会からは経済のにおいがした。安心しきって、ちょっと疲れた。

まったく私は贅沢者で、最近は地方で一度住んでみたいなどと思っている。大阪や博多なんていう大きなところじゃない。尾道くら い小さいのはもうちょっと先でいい。松山とか、長崎とか、そういうところ。私は9月から復学をしよう思っていたのだけれど、それもちょっと揺らいで来た。 半年間、違う町に暮らしたい。そしてずっとやりたかった、お酒の勉強をしたい。

せっかくだし、旅中はなるべく地酒を飲もうと努めて来た。 日本酒も焼酎も地ワインも地ビールもとても美味しかった。地方を巡る旅行ならではの楽しみであると思う。しかし私は基本的に車旅だから、色んな条件が合わ さって運転する必要がなくなった夜じゃないと、飲みにいくことができない。

バーテンダーにずっと憧れていた。復学したらバイトを始めよう と決めていた。カクテルというとまあ、それなりにきっと地方で違いはあるんだろうけれど、基本的には全国共通…だと思う。お酒の勉強がしたい。地に根付く なら酒蔵とかでもいいなとも思う。働きながら好きなこと学びながらその社会に根付く、ということをしたい。

言うなれば、私は、自分の新し い社会を知らない町で作りたいのだと思う。新しい人間として組み込まれてみたい。東京でも新しい社会は作れるけれど、それは確実にどこかとどこかがリンク している。東京の方がお酒の勉強はできるけれど、別に私は将来お店を持ちたいわけではないし、昼間には大学とか仕事とかしっかりしたいので、支障を来す真 夜中を過ごしたくはない。朝までとか無理だもの。夜は寝たい。

終電で帰れる東京のバーテンのバイトでいいじゃん。まあ、そうだね。そうなんだけどね。

休学を伸ばすかどんどん悩む。私はもう、1年ぐらい自分の社会から離れて住んでいる。去年の夏から留学をして、帰って来てから企画をつめて免許をとりにいって、3月から旅に出て、あっという間に1年。これからまだ半年もいなくなるのか。毎度会えてない人もいる。結局大学もあるわけで、私は東京に戻って来る。 東京で働きたい。東京のスピード感が好きだ。横浜はいつまでも心のよりどころだ。そのぐらい好きな、勝手の分かる、私の社会と言える街ができるだろうか。

私の好きなものが全部ある街を捨てて、新しい社会なんて作る必要なんてどこにもない。
そもそも性格的に地方暮らし向いてない気もする。
就活とか身の振り方とかどうするのよって。
でもああいう、路面電車のある街に、溶けてみたいなあ。

どうしようかな。

広告を非表示にする