チョコレイトに転職しました

 

 

コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc.で働き始めてから3カ月経ちました。

 

 

転職のきっかけは以下のプレスリリース。これが出たのは25日、ちょうど私の26歳の誕生日でした。誕生日だからと有給休暇をもらって家でくつろいでいた時に、プレスリリースを見かけて、「うわあ、かっこいい~!これ私がやりたかったやつ!」ってなって。1時間後には履歴書を送っていました。

 

prtimes.jp

 

チョコレイトは「世界一たのしみな会社」を目指しているコンテンツスタジオ。ざっくり言えば、新しくて最高なエンターテイメントを日々がんばって作っています。ありがたいことに、さまざまなメディアに中の人のインタビューが載っているので、会社が考えていることは↓を読んでいただけたら。

 

戦略的に「遊び場」つくる インフルエンサーを集めたコンテンツスタジオの勝ち筋 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ピュアに「世界一たのしみな会社」を目指すから、気鋭の人材は惹きつけられる──チョコレイト 渡辺裕介×クラシコム 青木耕平 対談前編 – クラシコムジャーナル

 

以下、そんな会社に転職した私の話を書いていきます。

 

 

まず、私の簡単な経歴はこんな感じ。

 

18~19歳:株式会社LIGで営業→オウンドメディア編集・ライター

20歳:温泉ライター→バーテンダー

21~23歳:株式会社リクルートライフスタイルで雑誌編集(じゃらん

23~25歳:ヤフー株式会社でヤフトピ編集→動画事業立ち上げ

 

 

これまでのキャリアのほとんどを編集に捧げてきましたが、今はぜんぜん違う仕事をしています。

 

 

YouTubeがんばって伸ばすビジネスプロデューサーです

 

f:id:takachilog:20190804234200j:plain

かっこよく写真撮ってもらった!照

 

 

今はFan Growth Unitという、大雑把に言ってしまうと「YouTubeがんばるチーム」に所属しています。自社オリジナルのYouTubeチャンネルをメインに、どうやったらファンができる?どうすればもっと伸びる?どうやってお金を稼ぐ?を日々考えています。

 

肩書きは「ビジネスプロデューサー」。つよめな肩書きにドキドキしますが、IT企業でいうプロジェクトマネージャー的な立場だと思ってもらえたら。

 

YouTubeを仕事にしている、というと、「YouTuberをプロデュースするってこと?」とよく聞かれますが、そうではありません。YouTuber以外のやり方で勝ち筋がないか、を考えています。企画軸で勝ちたい。

 

 

私の毎日は、YouTubeアルゴリズムを観察し、テッパンと流行とカルチャーを調べ、アナリティクスにかじりつき、得た知見をコンテンツに還元できるように調整と決断をしながら、日々ファンになってもらえるように試行錯誤する…の連続です。チョコレイト自体、華やかに見られがちですが、わりと泥臭い。そして難しい。

 

 

転職してまもなく、本屋のビジネス書の棚にヒントを探しに行ったとき、この仕事の事例がほとんど他にないことに気づきました。世の中にまだほとんどない仕事をしていることは単純に嬉しかったのと同時に、ヒントなさすぎてやべえってなりました。まだまだ試行錯誤の最中です。

 

 

時々TwitterYouTube観察の様子をツイートしているのは、こんな仕事をしているからでした。

 

 

 

3カ月経って、最近ようやっと「YouTubeチャンネルは、メディアづくりとそう変わらないんじゃないか」と思い始めています。一発バズればOKってわけじゃなくて(そもそも一発バズることも、アルゴリズム的にはめっちゃ難しい)、じんわりファンが広がっていくものなんですよね。

 

 

あとはもう愛。愛が超~~〜大事だなと。作り手の体温がめっちゃ必要です。そして、すでにある市場になんらか引っ掛けなければいけないことも分かってきました。

 

 

 

YouTubeでファンづくりの実験を重ねていると、本当にこれからのコンテンツは「流通設計」が超必要になってくるなあ、と思うようになりました。

 

これは私の持論ですが、最近オウンドメディアがばたばたと閉じているのを見ていて、今後は自前でコンテンツをプールする場を持つのはだいぶ厳しいんじゃないかなと思っています。おそらく、どんどん巨大プラットフォームに事業としてのコンテンツが流れるようになるのかなあ、と。そうなったときに、アルゴリズムとカルチャーにすばやく最適化させる流通設計の能力があると強いのかも、なんて思っています。

 

 

 

そんな思いで、最近はめっちゃ数字に向き合いつつ、YouTubeを観察しまくっています。まじめ~!

 

 

転職してよかったよ!楽しい!

 

暗中模索感がすごいですが、全体的には楽しい仕事ばかりで、転職してよかった~ってめっちゃ思っています。

 

元々チョコレイトに入りたいと思ったきっかけは、「エンタメに恩返ししたい」だったからなんですよね。

夫が昨年入院して、生きるか死ぬかの様子を間近で見ていたとき、私の心を救ってくれたのは当時放送していた「おっさんずラブ」でした。周りの励ましも心配もしんどい中で、ただただ、「来週の放送まで生き抜かなきゃ」と牧春が思わせてくれた……。そういうものが自分にも作れたらな~~と、エンタメ業界の門を叩いたのでした。

 

 

 

会社の人たちを一言でいうと「明るいオタク」。みんな明るいなにかのオタクで、日々おもしろいコンテンツの話ができるのは最高です。ソシャゲのガチャ回してるって話も全然引かれない!うれしい!

 

出身業界でいうと、広告代理店やテレビ制作の方が多くて、私のような出自がインターネットメディアの人は少数派です。はてな、LINE、Buzzfeed出身がそれぞれ1人ずついるぐらい(会社全体の人数は50人ほど、たぶん)。空気もカルチャーもかなり違うため、慣れるために最初はわりと戸惑いました。

 

 

いまはYouTubeの仕事をしている、といっても、半年後も1年後も同じ仕事をしているかというと、確証はまったく無くて。1日、1週間、1カ月でめまぐるしく状況が変わる中で、ベストを尽くす日々です。そういう荒波感、今まで本当になかったな…と。少女漫画に出てくる男のごとく、「おもしれー会社……」って思っています。

 

 

最近関わっているYouTubeチャンネルは↓です。みて~!

 

■NeverEndingTV

夜眠る前の癒やしをお届けするチャンネルです。最近「二段ベッドのふたり」という、好きな漫画について語る番組をはじめました。マジ癒やし。大好き。

www.youtube.com

 

■NewGameTV

企画作家の氏くんがメインMCを務める、オリジナルゲームを企画する番組です。最近、QuizKnockさんとコラボしました。空気感が大好き。

www.youtube.com

 

■TOKYO NEWGAME HOUSE

シェアハウスをしている男性4人が、ボードゲームで「きょうの晩ごはん係」を決める番組です。Twitter連動のマンガが激アツ。大好き。

www.youtube.com

 

■ZAC

ひっそり動いているカバーバンドプロジェクトです。アレンジ絶対好きなやつ〜〜〜〜!!!!ってなるので聴いてくださいすこすこです。

www.youtube.com

  

■ピカいち

チョコレイト×小学館が共同運営する小学生向けのチャンネルです。メインMCに就任したさきちゃんが天使すぎます。大好き。

www.youtube.com

 

■勝手に世界遺産委員会

kemioさん・青山テルマさん・丸山礼さんらが出演する令和な旅番組です。カロリー高すぎる編集と世界観が大好きです。提供はサントリーさま。

www.youtube.com

 

 

 

 

最後に、チョコレイトで働いてみたいぞ!!って方がおられれば、紹介制度もありますのでぜひ気軽にお声がけください。(友人限定)

 

 

ちなみに、特に採用強化している枠は以下だそうです。

 

==

①ビジネスプロデューサー(Branded Content Unit)※急募※

【必要条件】広告業界で3年以上の経験

 

②ビジネスプロデューサー(Content Produce Unit)

【必要条件】ゲームプロデューサー・グッズプロデューサー・アニメプロデューサーの経験

 

CFO

 

④人事

==

 

気になる~!って方がおれば、ぜひ応募してくださいませ…!

 

 

 

引き続きがんばるぞ!!